書くコツを知ろう|志望動機や小論文の書き方を覚えよう!【失敗しない受験法】
ロゴ

悩んだら講座を受けよう!書き方で受かるか落ちるかが決まる

挑戦したいことも書いていく

何かしら理由があって大学受験をする人が多いですが、では実際に大学へ入学して何をやりたいのか具体的に決まっているならそれを志望動機に入れ込むようにしましょう。やりたい熱意を伝えることで合格の道へと繋がる可能性があります。書き方次第で変わってくるため、履歴書を書くときは慎重になってください。

書くコツを知ろう

レディ

自分自身についてのことを書くこと

大学受験での履歴書を書く際に、面接官が見るポイントとしては「志望動機」です。志望動機の文章が不十分だと面接のときに詳しく聞かれる可能性があります。大学の魅力についてだけを書くのではなく、自分自身がどうなりたいのかをはっきり伝えておくのが良いとされています。

履歴書の指導もしてくれる

学校では履歴書の書き方セミナーを開いているところもあるので、履歴書のことについて知識がない人はまず講座を通して履歴書の書き方を知っていきましょう。志望動機の例文も紹介されているため、それを見て今後の履歴書を書くときの参考にしてみるのも良いでしょう。

受かる書き方がある

志望動機の書き方によっては面接官に良い印象を与えると同時に、悪い印象となる可能性もあります。書き方次第で合格できる確率が大きく変動するのでNGの書き方をしないように気を付けてください。学校の良いところを志望動機の中に入れると良い印象になるでしょう。

ネガティブなことは基本NG

大学のことについて悪いことを書いていたり悪口と思わせるようなことを書いてはいけません。印象が悪くなるのみならず不合格になる確率が高まってしまうからです。基本的にポジティブなことを書くようにして、面接官から見て明るい印象に見えるようにしてください。